オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

postheadericon 翻訳料金の高騰

契約書とペン

文書の翻訳をしてくれる業者というのが存在します。
その翻訳が正しいものであるという証明書つきのきちんとした翻訳文を作成してもらうには、想像されるよりも莫大な料金がかかります。
また、もしその文書が読み手と書き手の相互理解を必要とするような契約書のような文書であればその証明にかかる料金も上乗せされ、もし機密文書であれば黙秘してもらうための料金も支払わなければなりません。
たかが一通の秘密裏に行う契約書の翻訳だけで何十万、何百万円ということもあり、国際的に通用する契約書の作成がとても大変であることが伺えます。
しかし、契約書一つを仕上げるだけのためにそれほど莫大な料金がかかっていたのではビジネスは成立しません。

解決策はあります。
契約を成立する先の会社が扱う言葉を読み書きできる人を複数人雇ってしまうという方法です。
なんらかの契約を締結しようとしているということは今後も長い付き合いになる可能性が高く、そこに携わる予定の有能な人を社外から抜擢すればよいのです。

もちろん、理想的には社内からそういった人材を抜擢し、相手国の言葉を学ばせたほうが良いでしょう。
こういった人材確保をお互いの会社で行うことができれば、彼らが各会社の代表となって契約書を交わすことができます。
初期投資にしては大きく感じられるかもしれませんが、こうすることで互いに長期的に協力し合おうという決意を示すことができ、将来的によりよい関係が築けることが担保されるでしょう。

postheadericon 契約書専門の翻訳

契約書のサイン欄とペン

近年ではグローバル化が進み、海外進出する企業も増えてきています。
日本の企業が海外の企業と一緒に仕事をする際に出てくる一番の問題が言葉の壁です。
仕事だけでなく書類のやり取りや契約書などすべてに言葉の壁という障害がでてきます。

そうした状況の中で、契約書の和訳や英訳の翻訳を行うサービスが注目されています。
契約書などの書類の翻訳は通常の翻訳と違い、より高い精度やその企業が行っている業務の専門的な用語や単語の翻訳も必要になってきます。
さらに契約書翻訳サービスを専門に行う会社も増えています。
こうした会社へ委託することで、より正確な翻訳作業を低い料金で行うことが可能となってきました。
様々なニーズに対応できるように、より高品質なものやスピードを求めるものやネイティブスピーカーが行うものなど多くの種類のサービスがありまます。

また契約書の内容がその企業や業務内容によって千差万別なように、料金体制も様々です。
単語数で料金計算するものや出来高で料金計算するものなどから、契約書の複雑さも加味されます。
また会社によっても得意とする分野も様々なので、どの会社の翻訳サービスの選択するかが海外の企業と円滑に業務を行えかどうかにとって重要となってきます。

今後、日本企業が海外進出し海外の企業と仕事をすることはますます増えていくと予想されます。
そこでこういったサービスの需要や重要性もそれに比例して増えていくと言われています。